2021年05月06日

21.05.06 本格的な憲法論議への一歩に

本日、衆院憲法審査会において、憲法改正国民投票法改正案が、一部修正の上、賛成多数で可決された。

修正案は、国民投票運動のCM規制と外国人寄付規制について「法律の施行後3年以内に検討し、必要な措置を講ずる」と付則に明記されるものに。

このために、足掛け3年、8国会にわたって継続審議されてきたとは・・・・。

がしかし、これを一歩に、立法府の責任として、国の最高法規の本格的な論議に着手していかなくてはならない。


Posted by ryosei_blog2 at 23:30