2021年02月11日

21.02.11「建国記念の日」に

今日2月11日は「建国記念の日」。

1967年より適用された「建国をしのび国を愛する心を養う」国民の祝日。

なぜか我が国は世界各国と比べて、建国の歴史を国民あげて祝う日にもかかわらず、祝意ムードが乏しく、報道においての記事もないに等しいような。さびしいかぎりだ

戦前はこの日を「紀元節」(1872年(明治5年)制定)といい、日本で最初の天皇である神武天皇が日本書紀で即位した日とされていた。

現在世界的には、キリスト誕生年を元年とする「西暦紀元」を使用しているが、日本では1872年(明治5)、神武天皇即位の年を西暦紀元前660年と定めて「皇紀元年」と呼んだそうだ。

そうすると、今年は2681年にあたるということに。

私たちの国「日本」は、美しい自然に恵まれ、世界に誇るべき長い歴史と文化をもった国である。

全ての国民が日本語という共通言語をもち、日本独自の倫理観や価値観を共有している。

家に家風があるように国家にも国柄がある。

この「静かな誇り」を胸に、子どもたちの世代に日本の国柄・気風を大切に伝えていきたいものだ。


さて、森喜朗会長の女性蔑視発言をめぐり揺れる東京五輪大会組織委員会。

その森喜朗会長が、辞任の意向を固めたようです。

そして、後任として、元日本サッカー協会会長の川淵三郎・評議員に会長就任を要請し、本人も受け入れる意向を示しています。

また、川淵氏は森会長に相談役として組織委に残るよう要請し、受け入れられたとのこと。

そんな簡単にいくものだろうか。違和感を禁じ得ないものと。


Posted by ryosei_blog2 at 22:30