2020年03月23日

20.03.23 新型コロナウィルス感染症対策の状況分析

新型コロナウィルス感染症対策専門家会議における、3月19日時点での状況分析では。

社会・経済機能ヘの影響を最小限としながら、感染拡大防止の効果を最大限にするという、これまでの方針を続けてい〈必要がある。
そのため、「国クラスター(集団)の早期発見・早期対応」、「固患者の早期診断・重症者ヘの集中治療の充実と医療提供体制の確保」、「固市民の行動変容Jという3本社の基本戦略は、さらに維持、必要に応じて強化。

諸外国で新規感染者数が急増。我が国に持ち込まれるコロナウイルスヘの対応や、国内においても、クラスター(患者集団)の感染源(リンク)が追えない事例が散発的に発生していることなどヘの対策は依然として必須。
「市民の行動変容」等とともに、いかにして小規模な感染の連鎖に留め、適切な制御を行った上で収束を図っていけるかが重要。

世界保健機関(WHO)の事務局長のステートメントにおいて、日本が「クラスター(患者集団)の早期発見・早期対応」という戦略をとって様々な取組を進めてきたこと高く評価。

という状況にありますが、引き続き、「①換気の悪い密閉空間、②人が密集している、③近距離での会話や発生が行われる」という3つの条件が同時に重なる場を徹底回避していかなければなりません



Posted by ryosei_blog2 at 23:30