2019年11月15日

19.11.15 "大嘗宮の儀"

11/14夕刻から15日明け方にかけ、大嘗祭の中心的儀式"大嘗宮の儀"が厳粛に執り行われました。

私も衆・常任委員長としてお招きを賜り、参内しました。

新たに即位した天皇が、皇祖神とされる天照大神と全ての神々に新穀を供え、自らも食して国家の安寧と五穀豊穣を祈る一世一代の儀式となります。

東御苑に建てられた大嘗宮は30余りの棟からなり、天皇陛下は東の神殿で"悠紀殿供饌の儀"を、西の神殿で"主基殿供饌の儀"を行います。

陛下は、最も清浄で神聖とされる白絹の"御祭服"と呼ばれる装束をまとい、神前にご飯や酒などを供え、祈りのお告文を読み上げます。
"大嘗宮の儀"は皇位継承に際し、最も重要とされる儀式で、7世紀後半以降、歴代天皇により継承されてきたものです。

天皇皇后両陛下の末永いご健勝と皇室の弥栄をお祈り申し上げます



Posted by ryosei_blog2 at 23:30