2019年05月15日

19.05.15 "未来投資会議"

国民・森田俊和議員から、滋賀での保育園児の事故を受けた自動ブレーキ等の普及について質問通告があり、答弁に立ちました。

未来投資戦略に基づき、自動ブレーキや踏み間違え防止等の安全運転支援機能を有するサポートカーの普及を促進しています。

我が国が有する安全技術の強みを生かし、安全で安心な移動を確保していくことは、経済成長の観点でも重要なものです。
5月15日国民・森田俊和議員5月15日国民・森田俊和議員2







本日、衆・財金委において金融庁の2本目の提出法案である "情報通信技術の進展に伴う金融取引の多様化に対応するための資金決済に関する法律等の一部を改正する法律案"の趣旨説明が行われ、私も金融担当副大臣として出席しました。

本法律案は、近年の情報通信技術の進展に伴う金融上の課題に対応するための制度整備を行うものです。

具体的には、暗号資産(仮想通貨)の取引に関するルールの明確化や業務の適正化を通じたイノベーションと利用者保護のバランスの確保、情報の利活用の推進を通じた利用者利便の向上や決済の安定性確保を通じた金融機能に対する信頼の向上を図ります。

専門的かつ技術的な内容を多く含む法律案ですが、麻生大臣を支える金融担当副大臣として、その意義・必要性等をしっかりと説明してまいります。
5月15日衆・財金委5月15日衆・財金委2





自民党・金融調査会の山本幸三会長、藤丸敏幹事長代理及び小倉將信事務局長が、金融庁副大臣室を来訪され、今月7日に自民党政務調査会の了承を経て公表された金融調査会提言の申入れを受けました。

本提言は、昨年11月以降、金融調査会に3つのプロジェクト・チーム"金融イノベーションPT" "地域金融機関経営力強化PT" "金融市場強化・保険PT"を設置し、テーマ毎の課題や対応策等について専門的かつ先進的な議論を行い、取りまとめられたものです。

金融担当副大臣として、今回申入れを受けた提言も踏まえつつ、しっかりと金融行政を遂行してまいります。
5月15日金融調査会・金融調査会提言の申入れ5月15日金融調査会・金融調査会提言の申入れ2







総理官邸での"未来投資会議"に出席です。

健康寿命が延びる中、法律上の定年は現在65歳ですが、70歳まで多様な活躍の場を整備するよう法改正を進めます。

今夏の成長戦略策定に向けて、日本企業の生産性やマークアップ率・利益率に課題があることを再確認。

自前主義から脱却し、オープンイノベーションを進めます。
5月15日未来投資会議5月15日未来投資会議2


Posted by ryosei_blog2 at 23:30