2019年03月01日

19.03.01 2019年度予算案が衆院可決

2/28付日経新聞9面に、3月25日(月)開催のシンポジウム"人生100年時代、変革する金融サービス"のPR広告が掲載されました。

本シンポジウムは日経新聞主催・金融庁共催で開催され、私も金融担当副大臣として、オープニングリマークスを行う予定です。

退職世代の資産の6割以上を占める住宅資産の活用のあり方、認知症など加齢に伴う心身の変化に対応するための金融機関や医療系スタートアップの取組み等、100年人生を底支えする金融サービスのあり方に係る重要なトピックスを議論する予定です。

ご興味ある方は奮ってお申し込み下さい。
https://events.nikkei.co.jp/12552/


日をまたいで2日午前2時、2019年度予算案が衆院本会議にて賛成多数で可決されました。

憲法の衆院優越規定により、年度内成立が確定。一般会計総額は101兆4571億円です。

因みに、先立って野党共同提出された根本厚労相の不信任決議案は否決されました。


Posted by ryosei_blog2 at 23:30