2019年02月04日

19.02.04 宅建協会・南彩支部新春賀詞交歓会

今日明日と、衆・予算委員会にて、補正予算審議がTV入りで行われます。

本格的な与野党論戦のスタートです。

そして、夜は地元新年会へ。

埼玉県宅地建物取引業協会・南彩支部の新春賀詞交歓会が盛大に開催されました。

本年10月、消費税10%への引き上げが予定されていますが、住宅始め耐久消費財等の需要変動の平準化を図るため、住宅ローン減税の控除期間の3年間延長や一定の性能を満たす住宅への"新たなポイント制度"の創設を行います。

経済財政担当副大臣として "機動的な財政政策"をもって、経済運営に万全を期していきます。

就業人口の約3%で、1割強のGDPを生み出し、あらゆる社会経済活動での"舞台"を提供する不動産業には、これまで以上に大きな期待が寄せられています。

亥年の本年、鳥山支部長はじめ会員各社には "新しい時代の幕開け"に相応しいご活躍を祈念します。
2月4日埼玉県宅地建物取引業協会・南彩支部の新春賀詞交歓会


Posted by ryosei_blog2 at 23:30