2018年04月13日

18.04.13 自民党さいたま市南区支部の総務・役員会が

衆・厚労委において、公益認定制度担当の内閣府副大臣として答弁に立ちました。

希望・議員からの通告で、相撲協会はじめスポーツ分野の"女人禁制"は問題あり、とのご指摘を。

公益法人がどのように事業活動を実施するかについては、基本的には法人自治の問題です。

本件についても、国民各層の意見の動向も踏まえつつ、公益財団法人日本相撲協会において判断すべきが、内閣府としても注視してまいります。
4月13日衆・厚労委





自民党さいたま市南区支部の総務・役員会が開催されました。

平素より、党支部運営・党勢拡大にご尽力頂き、感謝申し上げます。

来年は、県議・市議の統一地方選から、参議院選、知事選へと続く、“選挙イヤー”です。

結束をもって戦いに臨んでいきましょう!
4月13日さいたま市南区支部の総務・役員会4月13日さいたま市南区支部の総務・役員会2


Posted by ryosei_blog2 at 23:30