2017年05月14日

17.05.14 四国出張(高知・徳島・香川)2日目

四国出張2日目午前、高知港海岸・直轄海岸保全施設整備事業の着工式典に出席し、国交副大臣として主催者挨拶しました。

山本有二農水大臣はじめ中谷元・衆議他、地元国会議員も来賓出席です。

今後、南海トラフ地震が30年以内に70%程度の確率で発生するとの予測です。

この海岸整備事業は、沖合防波堤→湾口堤防等→湾内防潮堤の、いわゆる“三重防護方式”により津波エネルギーを減衰させるとともに、市街地への津波の侵入を防御し、地震・津波から県都・高知市を守る、非常に重要な事業です。

本日は、この一翼を担う“浦戸湾外縁部”の防潮堤整備の着手です。

高知市の安全・安心の確保、経済活動の活性化のため、地域と連携を持って、早期の完成に向けて安全かつ着実に事業を実施して参ります。

PS.式典終了後は、名物の“紅白餅まき”に。
5月14日高知港海岸・直轄海岸保全施設整備事業の着工式典5月14日高知港海岸・直轄海岸保全施設整備事業の着工式典2






5月14日高知港海岸・直轄海岸保全施設整備事業の着工式典45月14日高知港海岸・直轄海岸保全施設整備事業の着工式典5







14日午前中の式典終了後、伊藤・高知県観光振興部長から高知県の観光振興の取組についてご説明頂き、意見交換しました。

併せて、国の重要文化財である“高知城”および志国高知・幕末維新博のメイン会場の一つ、“高知城歴史博物館”をご案内頂きました。

坂本龍馬書簡や、土佐藩主・山内家伝来の貴重な資料を中心とした歴史資料等が展示されています。

昨日訪れた桂浜の坂本龍馬記念館は休館中、平成30年4月リニューアルオープンでしたが、この場所の視察により、土佐をはじめ日本の歴史・文化、さらにその発信について確認することができました。

PS.高知市での視察を終え、列車にて徳島県の祖谷地域へ向かいます。
5月14日伊藤・高知県観光振興部長から高知県の観光振興の取組45月14日伊藤・高知県観光振興部長から高知県の観光振興の取組6





5月14日伊藤・高知県観光振興部長から高知県の観光振興の取組35月14日伊藤・高知県観光振興部長から高知県の観光振興の取組5





5月14日伊藤・高知県観光振興部長から高知県の観光振興の取組2











14日午後、土讃線で徳島県へ。

大歩危駅到着後、新・観光列車“四国まんなか千年ものがたり”を、半井・JR四国社長からご案内頂きました。

きめ細やかなおもてなしサービスが売りの観光列車で、多くの観光客や鉄道ファンで賑わっていました。

その後、絶景ポイントの”祖谷・ひの字渓谷”を視察。

祖谷温泉ホテルにて鳥獣被害対策について説明を受けるとともに、ジビエ料理・鹿肉料理を試食。美味しくいただきました。

政府においても菅官房長官を議長として“ジビエ利用拡大に関する関係省庁連絡会議”を開催しており、国交省としても観光振興の観点でジビエ利用拡大に取り組んで参ります。

さらに、山の急傾斜地に沿って広がる集落“落合集落”を視察。

一帯は、安倍総理の施政方針演説にあった、まさに“桃源郷”で、古民家を数棟、アレックス・カーさんプロデュースで宿泊できるよう改修しています。

これも政府にて菅官房長官を議長としての“歴史的資源を活用した観光まちづくりタスクフォース”が設置されており、その代表事例でもあります。

美しい風景と野鳥の澄んだ鳴き声に心洗われる思いです。

夕刻、祖谷にて、海野・徳島県副知事、黒川・三好市長、谷口・三好市観光協会会長ら、この地域の観光振興に取り組む皆様と懇談しました。

明日午前中もこの地域の視察が続きますが、昨日の太平洋側とはまた異なった面での魅力ある自然を実感することができ、この魅力をいかに観光振興・地域活性化に繋げるか考えることができました。
5月14日四国まんなか千年ものがたり5月14日四国まんなか千年ものがたり2






5月14日四国まんなか千年ものがたり35月14日四国まんなか千年ものがたり5






5月14日四国まんなか千年ものがたり12

Posted by ryosei_blog2 at 23:30