2017年03月14日

17.03.14 第1回先進的まちづくりシティコンペ表彰式に

加藤寛治衆議同行の下、長崎県の古川・島原市長、金澤・雲仙市長、松本・南島原市長より、島原道路の整備について要請を受けました。

沿線地域は、平成3年に雲仙普賢岳噴火の際、火砕流の被害を受けた場所です。

当該道路の整備により、諫早など県央地域から島原市への所要時間が大幅に短縮されます。

そして、物流・交流促進による産業の振興や緊急医療体制の確保が期待されるとともに、災害時には緊急避難ルートとなる重要なものです。

地域と連携をもって対応して参ります。
3月14日加藤寛治






【衆・本会議】
◎オマーン議会議長一行紹介
◎採決
・外務:在外公館名称位置給与法
・安保:駐留軍等再編円滑実施特措法
◎趣旨説明質疑【重要広範議案】
・日・米物品役務相互提供協定
・日・豪物品役務相互提供協定 
・日・英物品役務相互提供協定


本会議終了後、大手町フィナンシャルシティにて、国土交通省主催による“第1回先進的まちづくりシティコンペ・表彰式”を開催し、国交副大臣として挨拶と表彰を行いました。

日本の都市が国際競争力を高め、さらに発展を続けていくためには、その魅力を海外に向け積極的にプロモーションすることが必要です。

海外から投資・人材・観光客などをひきつけることが重要です。

そこで、日本の"先進的まちづくり"の取り組みを選定すべく、本年度この表彰制度を創設しました。

コンペでは、IT技術、環境技術などの最先端技術や官民連携といった新しいまちづくりの手法を活用し、都市の抱える課題の解決や次世代型都市の創出を行う先進性の高い取り組みを募集し、特に優れた5つの取り組みを表彰しました。

“室蘭グリーンエネルギータウン構想“、“柏の葉スマートシティ”、“大手町・丸の内・有楽町地区のエリアマネジメント”、“SMA×ECO・TOWN晴美台”、“みんなの未来区・BONJONO”の皆様です。

国交副大臣として、様々な機会を捉え、こうした取り組みを国内外に広く情報発信し、我が国の都市の国際競争力の向上につなげるよう取り組んで参ります。
3月14日まちづくりシティコンペ・表彰式3月14日まちづくりシティコンペ・表彰式4






3月14日まちづくりシティコンペ・表彰式33月14日まちづくりシティコンペ・表彰式2



Posted by ryosei_blog2 at 23:30