2010年05月14日

10.05.14 「5月末決着」断念へ

鳩山首相は、早々に普天間移設問題の「5月末決着」断念を表明した。
5月末の政局回避に、鳩山内閣あげて地ならしに入った、といった感じだ。

国民への約束を反故にした。そして同盟国であるアメリカとの約束もだ。
「トラスト・ミー」は遠い過去のものということか。

様々なマニュフェスト違反や「政治とカネ」の問題においても、誰ひとり責任を取ろうとしない民主党。

鳩山内閣の「言行不一致」に、国民は「またか」とあきれているだろう。

潔い政治的責任なくして、内外の信頼回復はありえないのでは。



Posted by ryosei_blog2 at 14:44