2019年04月18日

19.04.18 月例経済報告関係閣僚会議にて

参・農水委にて、国民・森ゆうこ議員より、日米物品貿易交渉・TAGに関する通告を受け答弁に立ちました。

日米交渉について"農林水産品はTPP以上に譲歩するのでは"と、農業者からはこうした不安の声もあります。

がしかし、昨年9月の日米協定で"過去の経済連携が最大限"と、しっかりとピン止めしたところです。

本日の質疑では、4月15・16日の茂木大臣とライトハイザー通商代表の協議の結果等について、担当副大臣として説明しました。
4月18日参・農水委4月18日参・農水委2







総理官邸での総合科学技術・イノベーション会議に出席しました。

デジタル社会の"読み・書き・そろばん"である"数理・データサイエンス・AI"の基礎を全学生が習得できるよう、大学教育を改革します。

既に高校の授業において、"情報"が必修科目になっていますが、大学入試共通テストでも出題するようにと。

AI×専門分野のダブルメジャーを促進していきます。
4月18日総合科学技術・イノベーション会議4月18日総合科学技術・イノベーション会議2







総理官邸での月例経済報告関係閣僚会議に出席しました。

今月は平成最後の月例であり、平成を振り返りました。

生産年齢人口は平成7年をピークに減少に転じましたが、高齢者や女性の活躍、最近は雇用環境の改善もあり、平成の30年間で就業者数は大きく増加。

また、貿易額は67兆円から164兆円へ2.5倍。海外直接投資は6倍。インバウンドは10倍。

日本経済は大きくグローバル化しました。
4月18日月例経済報告関係閣僚会議4月18日月例経済報告関係閣僚会議2

  
Posted by ryosei_blog2 at 23:30

2019年04月17日

19.04.17 衆・財金委にて「早健法」可決

本日、衆・財務金融委員会にて、金融庁の提出法案である "金融機能の早期健全化に関する法律の一部を改正する法律案"の審議が行われました。

私も共産・宮本徹議員の質問に、金融庁担当副大臣として答弁に立ちました。

そして、法案審議が終了し、討論を経て、本法案は賛成多数で可決されました。

法案の成立に向けては、今後、衆・本会議での採決、参議院での審議・採決が必要です。

引き続き、気を引きしめて職責をまっとうしてまいります。
4月17日衆・財務金融委員会4月17日衆・財務金融委員会2
  
Posted by ryosei_blog2 at 23:30

2019年04月16日

19.04.16 対日直接投資推進会議

経済財政政策担当の内閣府副大臣として、各省副大臣や有識者からなる"対日直接投資推進会議"を開催し、議事進行をしました。

対日直接投資は、東京や大都市に集中する状況にあります。がしかし、各地域の特色や強みと外国企業のノウハウを結びつければ、イノベーションが創出され、良質な雇用機会も生まれます。

そして、本日の会議においては、"地域への対日直接投資ー集中強化・促進プログラム" が、会議決定されました。

"2020 年における対内直接投資残高を35 兆円へ倍増"を目標に、政府一丸となって、対日直接投資を通じた地域活性化を強力に推進してまいります。
4月16日対日直接投資推進会議4月16日対日直接投資推進会議2







【衆・本会議】
◎採決
・厚労:健康保険法
・法務:民事執行法
・内閣:重要施設等小型無人機飛行禁止法
・経産:特許法
◎趣旨説明質疑
・中小企業経営強化法
  
Posted by ryosei_blog2 at 23:30

2019年04月15日

19.04.15 中国・北京出張、3日目・最終日

中国・北京出張3日目。

中南海エリアの紫光閣において、河野太郎・外務大臣を先頭に、中国共産党・序列2位の李克強・国務院総理との面会を行いました。」

昨年10月の日中首脳会談での証券市場に関する協力強化の合意に基づき、着実に具体的な成果がではじめています。

私からは、李克強総理に対し、金融での中国側との更なる協力深化への支援をお願いしました。

日中両国間にて幅広い分野での対話・交流を行い、新たな発展へとつなげていきます。

PS."中南海"とは、一般人が足を踏み入れることのできない、中華人民共和国政府や中国共産党の本部、要人の居住区であり、また "中南海入りする"とは"党の指導部入り"を意味する政治用語にも。
4月15日中国共産党・序列2位の李克強・国務院総理との面会4月15日中国共産党・序列2位の李克強・国務院総理との面会2





4月15日中国共産党・序列2位の李克強・国務院総理との面会34月15日中国共産党・序列2位の李克強・国務院総理との面会4











中南海での李克強・国務院総理との面会後、中国でビジネス展開をする日系金融機関の方々と意見交換しました。

中国における日系企業のビジネスの動向や金融業界の課題、規制関連の要望事項等をヒアリングしました。

今後の日中両国間の投資・経済交流の一層の促進に向けて、金融担当副大臣として尽力していきます。

以上、北京での日程は全て終了し、帰国のため北京首都国際空港へ。

PS.横山裕・中国駐箚特命全権大使はじめ境吉隆・一等書記官、在中国日本大使館の皆さん、お世話になりました。ありがとうございました。
4月15日中国でビジネス展開・日系金融機関の方々と意見交換4月15日中国でビジネス展開・日系金融機関の方々と意見交換2

  
Posted by ryosei_blog2 at 23:30

2019年04月14日

19.04.14 中国・北京出張・2日目

昨日より、"日中ハイレベル経済対話"に出席するため、北京に出張中です。

2日目・午前は、会合が始まるまでの時間を利用して、中国のIT大手企業"アリババ"が運営する小売店"新活館"を視察しました。

支払いは全てキャッシュレスで対応可能となっており、中国におけるキャッシュレスの進展具合を実感するものです。

また、北京市内に3キロおきに店舗を配置し、これらがオンラインで発注された商品の配送拠点となり、30分以内に注文品が家に配達される先進的なシステムとなっています。

日本でも、利用者利便の向上と情報の利活用等を通じた経済活性化を図る観点から、着実にキャッシュレスを推進します。
4月14日IT大手企業アリババ・運営する小売店新活館を視察4月14日IT大手企業アリババ・運営する小売店新活館を視察3






4月14日IT大手企業アリババ・運営する小売店新活館を視察64月14日IT大手企業アリババ・運営する小売店新活館を視察8




4月14日IT大手企業アリババ・運営する小売店新活館を視察24月14日IT大手企業アリババ・運営する小売店新活館を視察5











"日中ハイレベル経済対話"開始前に、中国の最新の経済金融動向を把握すべく、野村資本市場研究所北京事務所の関根首席代表と昼食を交えつつ意見交換しました。

日中金融協力の進展状況や足下の中国の経済・金融政策、中国における中小企業金融、証券規制の見直しの必要性等、有益な議論ができました。

情報のアップデートを済ませ、釣魚台での"日中ハイレベル経済対話"に臨みます。
4月14日野村資本市場研究所北京事務所・関根首席代表と昼食24月14日野村資本市場研究所北京事務所・関根首席代表と昼食3










4月14日野村資本市場研究所北京事務所・関根首席代表と昼食








夕刻より北京・釣魚台で開催された "第5回日中ハイレベル経済対話"に出席しました。

議題1つ目がマクロ経済。

私からは経済財政担当副大臣として、成長戦略、財政健全化に向けた取組等を説明しました。

次に金融庁担当副大臣として、日中証券市場協力の促進、中国金融当局との更なる連携強化、保険業規制の緩和及び対中証券投資拡大に向けた環境整備等、4点の要望を。

会合後の公式夕食会では、中国の証券監督管理委員会の方星海・副主席、銭克明・商務部副主席、韓長賦農業農村部長等と意見交換しました。

そして、最後は、今回の中国側トップの王毅・国務委員兼外交部長と。

今回の"ハイレベル対話"は、今後の首脳往来も見据え、緊密で重層的となっている日中の経済関係をより一層前進させ、新たな段階へと押し上げるものとなりましょう。
4月14日第5回日中ハイレベル経済対話4月14日第5回日中ハイレベル経済対話7






4月14日第5回日中ハイレベル経済対話34月14日第5回日中ハイレベル経済対話5




4月14日第5回日中ハイレベル経済対話44月14日第5回日中ハイレベル経済対話6







  
Posted by ryosei_blog2 at 23:30

2019年04月13日

19.04.13 中国・北京へ、3日間の出張

今日から3日間、中国・北京に出張です。

金融庁担当、そして内閣府のマクロ経済担当副大臣として、"日中ハイレベル経済対話"に臨みます。

日中関係を新たな段階に押し上げる一つのステップとするものです。

まずは羽田空港にて事前の打合せを。
4月13日中国・北京に出張4月13日中国・北京に出張2
  
Posted by ryosei_blog2 at 23:30

2019年04月12日

19.04.12 統一地方選や10連休を挟み本会議が

内閣府での執務後、今日は長丁場の衆・本会議に。

統一地方選や10連休を挟み、本会議が続きます。

そして、明日から3日間、麻生・茂木両大臣の代理で「日中ハイレベル経済対話」に出席するため、中国・北京に出張です。


【衆・本会議】
◎趣旨説明質疑
・女性活躍推進法
・(衆)性的加害者言動禁止法【立、国、保、社提出】
・(衆)男女雇用機会均等法【立、国、保、社提出】
・(衆)労働安全衛生法【立、国、保、社提出】
  
Posted by ryosei_blog2 at 12:50

2019年04月11日

19.04.11 埼玉県医師会執行部との意見交換会

副大臣の公務を終え、地元での埼玉県選出自民党・衆参国会議員と埼玉県医師会執行部との意見交換会に駆けつけました。

国民視点に立った効率的で質の高い医療の提供、健康寿命延伸への保険医療サービスの提供、そして、その財源となる経済基調の観点。

 皆保険制度を維持していくには、貴重な保険料や税なと゛多額の国民負担か゛投し゛られていることを忘れてはなりません。

もちろん患者である国民自身も…。

"三方よし"のための医療にかかる全般の効率化を推進していかなければなりません。
4月11日議員と埼玉県医師会執行部との意見交換会







【衆・本会議】
◎採決 
・安保:防衛省設置法 
・倫選:国会議員選挙等執行経費法 
・文科:大学修学支援法
   学校教育法・討論
・国交:アイヌ尊重社会推進法 
・外務:日・加物品役務相互協定 
   日・仏物品役務相互協定 
・厚労:(衆)旧優生保護法一時金支給法 
◎趣旨説明質疑 
・総務:電波法・電気通信事業法・質疑
  
Posted by ryosei_blog2 at 23:30

2019年04月10日

19.09.10 第5回経済財政諮問会議

衆・内閣委にて、自民・高木啓議員から質問があり、経済連携について答弁しました。

世界で保護主義が台頭する中で、我が国の役割は変化しています。

TPP11の交渉を経て、これまでは"自由貿易体制の参加者の1人"であったが「21世紀型の新たな共通ルールのリード役」としての役割を果たすように変わってきました。

自由・民主主義・法の支配という基本的価値観を共有できる国との連携を推進していきます。
4月10日衆・内閣委4月10日衆・内閣委2






昨日の衆・本会議に続き、本日、衆・財金委において金融庁の提出法案 "金融機能の早期健全化に関する法律の一部を改正する法律案"の趣旨説明が行われ、私も金融担当副大臣として出席しました。

今後の法案審議が、委員各位のご理解を得つつ円滑に進められるよう、麻生大臣を支える金融担当副大臣として、法律案の意義・必要性等を丁寧に説明してまいります。
4月10日衆・財金委4月10日衆・財金委2






4月10日衆・財金委3





総理官邸にて経済財政諮問会議が開催されました。

英国のEU離脱協議について、現状で想定されるリスクを確認しました。海外経済の動向をしっかりと点検し、マクロ経済運営を行っていきます。

人材こそが我が国の成長・発展を支える原動力。就職氷河期世代への就労支援について、新たに3か年計画をまとめるものです。
4月10日経済財政諮問会議
  
Posted by ryosei_blog2 at 23:30

2019年04月09日

19.04.09 金融機能早期健全化法が

本日、衆・本会議にて、金融庁の提出法案 "金融機能の早期健全化に関する法律の一部を改正する法律案"の趣旨説明・質疑が行われ、金融担当副大臣として、麻生大臣を補佐すべく、ひな壇に上がりました。

政府は、平成金融危機時、32の金融機関に対し資本増強のための株式取得を行いました。

そして、その際に取得した優先株式の処分や配当等により発生した約1.6兆円の利益剰余金について、金融機能の早期健全化業務が終了する前においても国庫納付等を行えるようにしようというものです。

本法律案は、今後、衆・財務金融委員会において、より専門的な審議が行われることになりますが、金融担当副大臣としてしっかり説明を行ってまいります。
4月9日衆・本会議4月9日衆・本会議2






【衆・本会議】
◎採決 
・環境:自然環境保全法 
・内閣:子ども・子育て支援法・討論
◎趣旨説明質疑 
  
Posted by ryosei_blog2 at 23:30