2017年05月25日

17.05.25 “第52回男女共同参画会議”が

早朝の会合終了後、蕨の後援会“良生会”の皆さんが、大人の社会科見学として、国土交通省にお越しになりました。

副大臣室を表敬訪問後、防災センターで研修し、赤坂迎賓館を見学。そして、帝国ホテルで遅めのランチをとり、最後は浅草を散策です。

阿部会長はじめ皆さん、楽しんで下さいましたでしょうか!
5月25日蕨市良生会の大人の社会科見学5月25日蕨市良生会の大人の社会科見学2






蕨の後援会"良生会"の皆さんにご挨拶した後、参議院・国土交通委員会に飛び込みました。

“通訳案内士法及び旅行業法の一部を改正する法律案”の審議が行われ、担当副大臣として、情報通信事業における成層圏の利用等について答弁に立ちました。

そして、質疑終局後、採決され、賛成多数で可決しました。

引き続き、訪日外国人旅行者の受入環境の整備、旅行の安全や取引の公正の確保に取り組んで参ります。
5月25日参議院・国土交通委員会5月25日参議院・国土交通委員会2






武部新衆議、中川郁子衆議同行の下、北海道横断自動車道早期建設促進期成会の会長である辻・北見市長、蝦名・釧路市長、菊池・訓子府町長、棚野・白糠町長、野尻・陸別町長、安久津・足寄町長らより、北海道横断自動車道ほか道東地域の道路整備について要請を受けました。

北海道の観光産業の活性化、物流の効率化のみならず、医療施設への救急搬送、災害時の緊急避難道路や緊急物資の輸送路など重要な役割を果たす道路になります。

また、私も副大臣就任以来、北海道にも足を運び、昨夏の台風被害を受けた国道274号の現場、冬期の除雪作業の状況、オホーツクから根室帝国ホテルで釧路に至る道路の現状等をこの目で見てきました。

国交副大臣として、地域と連携を持って取り組んで参ります。
5月25日武部新






夕刻より、総理官邸にて、“第52回男女共同参画会議”が開催され、国交副大臣として出席しました。

菅官房長官を議長とし、関係省庁、有識者等で構成されるもので、柿沼トミ子・埼玉県議も全国地域婦人団体連絡協議会会長として、会議のメンバーです。

本日は、男女共同参画・女性活躍の推進に向けた重点取組事項について議論しました。国土交通省としても、テレワークの推進、各種調達を通じたワークライフバランスの推進等を進めています。

引き続き、男女共同参画社会の形成に向け、取り組んで参ります。
5月25日総理官邸第52回男女共同参画会議5月25日総理官邸第52回男女共同参画会議3
  
Posted by ryosei_blog2 at 23:30

2017年05月24日

17.05.24 埼玉建設新聞のインタビューに

本日、安藤裕・衆議同行の下、奥田・城陽市長より、新名神高速道路の城陽スマートIC設置及びアクセス道路の支援について要請を受けました。

このスマートICの設置は、高速道路の有効活用により本市東部丘陵地のまちづくり、京都府南部地域の活性化にとって重要なものになります。

国交副大臣として、地域と連携を持って取り組んで参ります。
5月24日安藤裕






埼玉建設新聞のインタビュー取材を受けました。

この新聞は、埼玉県内の地域の建設会社、コンサルタント、地方公共団体等の方々が読者となっている建設専門紙です。

インタビューでは、i-Constructionの展望と地域企業への展開、建設業の週休二日制の定着や建設業の魅力を高めるための施策、さらには埼玉県の建設業の状況と今後の見通し等についてお答えしました。

地域の建設業者の皆様は、災害対応を含めた安全・安心の確保に必要不可欠です。

そして、社会資本整備の担い手となる現場の人材確保・育成の観点からも、公共投資の安定的・持続的な確保に努めて参ります。

掲載予定は、6月中旬とのこと。

PS.先週末の利根川水系連合・総合水防演習in加須市の記事が、ちょうど今日付の埼玉建設新聞に。
5月24日埼玉建設新聞のインタビュー取材5月24日埼玉建設新聞のインタビュー取材2






5月24日埼玉建設新聞のインタビュー取材3
  
Posted by ryosei_blog2 at 23:30

2017年05月23日

17.05.23 テロ等準備罪が衆院通過

本日午前、参議院・国土交通委員会にて、石井大臣から“通訳案内士法及び旅行業法の一部を改正する法律案”の提案理由説明がありました。

この法律案は、訪日外国人旅行者の受入環境の整備を図るため、通訳案内士資格に係る規制を見直すとともに、旅行の安全や取引の公正を確保するため、旅行に関する企画・手配を行ういわゆるランドオペレーターの登録制度の創設等の措置を講じるものです。

国交副大臣として、早期成立に向けて、気を引き締めて取り組んで参ります。
5月23日参議院・国土交通委員会5月23日参議院・国土交通委員会2





午後より、長谷部・由利本荘市長より、市道・猿倉花立線の復旧支援について要請を受けました。

本路線では、平成25年11月に法面作業中に土砂崩落が発生し5名の作業員の方が亡くなられるという痛ましい事故があり、立入規制がとられていましたが、昨年度より測量等を始めているところです。

地域住民の生活・産業を支える経済路線であり、また、仙台圏から日本海側を結ぶ災害対策路線として重要な道路です。

国交副大臣として、復旧に地域と連携を持って取り組んで参ります。
5月23日長谷部・由利本荘市長






【衆・本会議】
◎採決
・総務:地方自治法
・環境:廃棄物処理清掃法
   特定有害廃棄物等輸出入等規制法
   (承)福島地方環境事務所設置
・経産:中小企業信用保険法
・法務:組織的犯罪処罰等規制法【重要広範議案】
・討論・記名採決

  
Posted by ryosei_blog2 at 23:30

2017年05月22日

17.05.22 “第4回観光戦略実行推進タスクフォース”

本日午前、参議院・決算委員会が開催され、“観光地におけるまちづくり政策”に関する質疑がありました。

観光地におけるまちづくりについては、文化財や景観などの魅力ある観光資源を面的に捉え、保存・活用するとともに、インフラ整備に合わせて滞在型のコンテンツの充実を図るなど、ハード・ソフト両面の一体的な整備による観光拠点化を図ることが重要となります。

今後とも、都市局、観光庁、文化庁等、関係省庁とも連携を図り、集中的な事業実施を進めて参ります。
5月22日参議院・決算委員会





本日、義家弘介・衆議同行の下、関東国道協会の皆様が国交副大臣室にお越しになりました。

会長の小林・厚木市長をはじめ、内藤・韮崎市長、熊川・嬬恋村長、中澤・東吾妻町長、岸・みなかみ町長、青木・下諏訪町長、松本・小谷村長他大勢の皆様より、関東甲信越地域における道路整備について、要請を受けました。

首都中枢機能を持つ関東甲信越地域の安全・安心な暮らしの実現の役割を果たす重要な道路となります。

埼玉県においても、本年2月の圏央道茨城県区間の全通により、大きなストック効果が生じています。

国交副大臣として、地域と連携を持って取り組んで参ります。
5月22日義家弘介







本日夕刻、総理官邸にて“第4回観光戦略実行推進タスクフォース”が開催され、国交副大臣として出席しました。

訪日外国人“2020年・4,000万人”目標の実現に向け、“明日の日本を支える観光ビジョン”に係る取り組みについて、関係行政機関の相互の緊密な連携・協力を確保し、総合的・効果的な推進を図るものです。

会議では、各省庁から取組の説明、有識者からのコメント、意見交換の後、私及び菅官房長官から、全体を通じての発言を行いました。

これまで、観光資源の保存と活用、新しい観光資源の開拓、国別戦略の確立とその実行という視点から、有識者の方々から示唆に富むご意見・ご提言を頂きました。

私も京都迎賓館や桂離宮を視察しましたが、大変素晴らしいものです。

まさに、“日本の心”を体現する、これらの観光資源を、訪日外国人を含めた多くの方に見て頂きたいと思います。

今後、国土交通省としても、①伝統芸能やコンサートなどについて、多言語化、外国人枠の設定、夜間開催など受入体制の整備や、SNSも活用した情報発信の強化を図るため、関係省庁等との協力の下、検討会を立ち上げる

②JNTOについて、地方を支援する体制を強化するとともに、海外の日系企業との連携を強化し、きめ細かく地方や民間企業と連携できる体制を構築するなど、積極的に取り組む旨、申しあげました。

そして、各省庁に対し、“観光ビジョン”に掲げられた取組について、深度化・加速化するとともに、平成30年度・当初予算要求等に適切に反映させて頂くようお願いしました。
5月22日総理官邸にて戦略実行推進タスクフォース(第12回)5月22日総理官邸にて戦略実行推進タスクフォース(第12回)3

  
Posted by ryosei_blog2 at 23:30

2017年05月21日

17.05.21 さいたま市長選、清水勇人市長が3選

21日、さいたま市長選が投開票され、現職の清水勇人市長が、3選を果たした。

他候補は、世界自転車大会や国際芸術祭などの大型イベント開催に異を唱えていたが、市のPR路線、2期8年の実績が信任を受けた結果となった。

  
Posted by ryosei_blog2 at 23:30

2017年05月20日

17.05.20 “第66回利根川水系連合・総合水防演習”

本日早朝より、埼玉県加須市で “第66回利根川水系連合・総合水防演習”が開催され、国交副大臣として “演習総裁”の任にあたりました。

西銘・衆国交委員長、上田・埼玉県知事、大橋・加須市長、河田・羽生市長、埼玉県選出国会議員等のご出席とともに、総勢15,000名もの皆様にご参加頂きました。

本日演習を行った場所は、今から70年前、昭和22年のカスリーン台風で堤防が決壊したところで、これにより、埼玉県から東京都に及ぶ広い範囲に甚大な被害が発生しました。

一昨年9月の関東・東北豪雨災害や、昨年8月の東北・北海道への台風による被害等、近年も洪水による被害は全国各地で発生しています。

特に、関東・東北豪雨では、鬼怒川の堤防が決壊し、浸水面積約40?、浸水家屋は約8,800戸に及ぶなど、関東地方に甚大な被害が発生したことは、私達の記憶に新しいところです。

国土交通省では、関東・東北豪雨の教訓を踏まえ、“施設では防ぎきれない大洪水は必ず発生する”と意識を変革し、社会全体で水害に備える“水防災意識社会”の再構築を進めています。

更に、昨年8月の一連の台風による災害の教訓も踏まえ、洪水等からの“逃げ遅れゼロ” “社会経済被害の最小化”の実現を目指して、ハード・ソフト両面から防災・減災対策を、総合的かつ一体的に推進するため、水防法等を改正する法律を今国会に提出し、5/12に成立となりました。

本日の演習では、これらの趣旨を踏まえ、早期避難に結びつく情報伝達訓練等、タイムラインに沿った、実践的な訓練、更に新たな工法による訓練を実施しました。

また、在日大使館関係者との挨拶、ぶら下がり記者会見も行いました。

本年も出水期が間近に迫っておりますが、水防活動と河川整備は、従来より車の両輪と言われております。

今後とも、国民の生命・財産を守るため、災害現場の第一線におられる水防団の皆様等との一層の連携強化に取り組んで参ります。

本日の演習を通し、関係機関と住民が一体となった防災・減災の取り組みの強化を期待いたします。

PS.早朝より暑い中、ご協力頂いた皆様に心より感謝申し上げます。ありがとうございました。
5月20日埼玉県加須市第66回利根川水系連合・総合水防演習5月20日埼玉県加須市第66回利根川水系連合・総合水防演習2






5月20日埼玉県加須市第66回利根川水系連合・総合水防演習55月20日埼玉県加須市第66回利根川水系連合・総合水防演習6






5月20日埼玉県加須市第66回利根川水系連合・総合水防演習75月20日埼玉県加須市第66回利根川水系連合・総合水防演習8






5月20日埼玉県加須市第66回利根川水系連合・総合水防演習95月20日埼玉県加須市第66回利根川水系連合・総合水防演習11






5月20日埼玉県加須市第66回利根川水系連合・総合水防演習125月20日埼玉県加須市第66回利根川水系連合・総合水防演習15
  
Posted by ryosei_blog2 at 23:30

2017年05月19日

17.05.19 “命と暮らしを守る道づくり全国大会”にて

本日、都内にて“命と暮らしを守る道づくり全国大会”が開かれ、国交副大臣として出席しました。

昨年も、4月の熊本地震や8月以降の相次ぐ台風による豪雨災害など、多くの自然災害が発生しました。

国土交通省では、東日本大震災やこれらの災害などの被災地の1日も早い復旧・復興に向け、事業を進めています。

また、道路の老朽化対策や防災・震災対策、無電柱化の推進、生活道路・通学路や自転車の安全対策、さらには、道の駅やスマートIC等を活用した拠点の形成等にも重点的に取り組んでいるところです。

また、今年度はいわゆる“財特法”に規定される道路整備の特別措置が期限切れになる年でもあります。

国交副大臣として、必要な道路予算を安定的・持続的な確保し、道路の整備の着実な推進、活力ある国づくりに取り組んで参ります。
5月19日命と暮らしを守る道づくり全国大会5月19日命と暮らしを守る道づくり全国大会3

  
Posted by ryosei_blog2 at 15:18

2017年05月18日

17.05.18 港湾法が衆院通過

本日の衆議院本会議で“港湾法の一部を改正する法律案”が可決され、参議院に送られました。

本散後、石井大臣を先頭に担当副大臣として藤井政務官と共に佐藤勉・衆議院議院運営委員長、竹下亘・自民党国対委員長、大口善德・公明党国対委員長、各党国対関係者に御礼の挨拶に伺いました。

これからも、法案審議が続きます。引き続き、気を引き締めて取り組んで参ります。
5月18日港湾法の一部を改正する法律案5月18日港湾法の一部を改正する法律案2






本日、木内均衆議同行の下、長野県中部横断自動車道建設促進期成同盟会会長の栁田・佐久市長をはじめ、新井・小海町長、藤原・川上村長、佐々木・佐久穂町長、中島・南相木村長、井出・北相木村長、大村・南牧村長、中部横断自動車道建設促進佐久地域議員連盟の皆様、中部横断自動車道沿線・佐久地域女性みちの会の皆様、樫山・佐久商工会議所会頭、渡辺・小諸商工会議所副会頭、滝沢・南牧村商工会長及び中嶋・川上村商工会長らより、中部横断自動車道のネットワーク化について要請を受けました。

長野県及山梨県沿線地域の物流・交流促進、また、東南海地震等による重大な災害の発生が危惧される中での緊急輸送路など重要な役割を果たす道路となります。

国交副大臣として、地域と連携を持って取り組んで参ります。
5月18日木内均






【衆・本会議】
◎エジプト・アラブ共和国代議院議長一行紹介
◎金田法務大臣不信任決議案
・趣旨弁明・討論・記名採決
◎採決
・国交:港湾法
」外務:(条)日・ケニア投資協定
・(条)日・イスラエル投資協定
・(条)日・スロバキア社会保障協定
・(条)日・チェコ社会保障協定改正議定書
  
Posted by ryosei_blog2 at 23:30

2017年05月17日

17.05.17 不動産協会の定時総会が

本日は、衆・国土交通委員会です。

“港湾法の一部を改正する法律案”の審議が行われ、担当副大臣として、出席しました。

質疑終局後は、採決となり、賛成多数で可決しました。

引き続き、官民連携したクルーズ船の受け入れ環境の整備、非常災害時に港湾の利用調整による海上からの支援の円滑化等を進めて参ります。
5月17日衆・国土交通委員会25月17日衆・国土交通委員会







本日は、一般社団法人不動産協会・第57回定時総会が開催され、衆・国交委終了後、駆けつけました。

今総会にて、新体制が発足です。木村前理事長が3期6年の任期を終え会長に就任。

そして、菰田新理事長の、ご就任おめでとうございます。リーダーシップを期待しています。

また、岩沙前会長が平成29年春の叙勲で旭日大綬章を受章されました。心よりお祝い申し上げます。

今後とも、不動産協会の皆様と共に、国交副大臣として、GDP600兆円を目指し、不動産市場の活性化、まちづくりの推進に取り組んで参ります。

新体制の下、協会の更なる発展を祈念します。
5月17日一般社団法人・不動産協会第57回定時総会・懇親会5月17日一般社団法人・不動産協会第57回定時総会・懇親会2
  
Posted by ryosei_blog2 at 23:30

2017年05月16日

17.05.16 通訳案内士法が衆院通過

本日午前より、参議院・国土交通委員会が開催され一般質疑が行われました。

都市局担当の副大臣として、新妻秀規議員のトラック物流事業者の荷さばき問題の質問に対し、答弁に立ちました。

都市においては、荷さばきのための駐車スペースが不足しており、その確保について先進事例の紹介するとともに、普及啓発に努め、社会資本整備総合交付金等を通じた支援を行っていく旨、答弁しました。
5月16日参議院・国土交通委員会5月16日参議院・国土交通委員会2






本日の衆議院本会議で“通訳案内士法及び旅行業法の一部を改正する法律案”が可決され、参議院に送られました。

本散後、石井大臣を先頭に、担当副大臣として藤井政務官と共に、佐藤勉・衆議院議院運営委員長、竹下亘・自民党国対委員長、大口善徳・公明党国対委員長、各党国対関係者に御礼の挨拶に伺いました。

まだまだ法案審議も続きます。引き続き気を引き締めて取り組んで参ります。
5月16日通訳案内士法及び旅行業法の一部を改正する法律案






【衆・本会議】
◎採決
・農水:農村地域工業等導入促進法
・国交:通訳案内士法・旅行業法
・外務:(条)日・インド原子力協定
・討論
◎趣旨説明質疑
・児童福祉法・児童虐待防止法
・質疑

  
Posted by ryosei_blog2 at 16:46